自然素材の種類を知って選んでいこう その③【藤和建工】

お問い合わせはこちら

三条市で自然素材の家に興味のある方は【藤和建工】

三条市で自然素材の家に興味のある方は【藤和建工】

2021/09/03

布クロスを知っていますか?   No.23

布クロスも自然素材

 

こんにちは、三条市で新築・リフォームを手がけています藤和建工(とうわけんこう)齋藤です。

 

今日はクロスはクロスでも布クロスを紹介します。

 

最近の住宅の定番はビニールクロスと呼ばれ、名前の通りビニールで出来た壁紙です。

ビニールの原料は石油なのは皆さんもご存じだと思います。

 

ビニールクロスは安価で量産できるため現在の住宅には一般的に使われています。

 

一方、今日ご紹介する商品は布クロスと呼ばれ、昔からあった商品ではありますが、最近はあまり使われなくなりました。

 

布クロスの特徴

吸湿性・放湿性

布は通気性が良く、調湿性もあります。水分を吸収し、乾燥時には放湿してくれ結露などが発生しにくいというメリットがあります。

 

断熱効果・遮音性能・丈夫

厚みのある布クロスは破れにくく、経年変化が楽めますのでビニールクロスほどの張り替え頻度は多くなく済みます。また断熱性能に優れ、遮音効果が期待できるのも布クロスの特徴です。

 

安心

ほとんどが自然素材なので、化学物質によるシックハウス症候群やアレルギー体質の人にも比較的安心して選んでいただけます。

 

デメリット

価格

施工方法や製品単価が高いので、一般的なビニールクロスと比べると価格が上がってしまいます

 

汚れやほこりが付きやすい

布でできている製品ですので水やシミを吸い込みやすいです。

またほこりが付きやすいのが特徴です。

掃除の際は、乾いた布で拭くなど水には注意が必要です。

また、一枚一枚繊維を織り込んである製品ですので継ぎ目が目立ちやすいです。

 

部屋を選びます

防火性のある製品が限られているため、キッチンまわりには向きません。

高級感のある布クロスはリビングや寝室などくつろぎたい空間がおススメ。

 

種類に注意

布(織物)クロスには木綿、麻といった自然素材を使ったタイプや、パルプ・ポリエステル・レーヨンなどの化学繊維を絡み合わせて作られる不識布壁紙・シルク素材・サテン素材などがあります。

 

つまり、自然素材ではない布クロスもあるということを覚えておいてください。

 

 

自然素材は特徴を理解したうえで選んでいただければ必ず大満足の商品であると思います😊

 

自然素材選びのご相談もぜひお気軽にどうぞ(^^)/

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。