ハウスメーカーと工務店、家を建てるときの違いは【藤和建工】

お問い合わせはこちら

ハウスメーカーと工務店、家を建てるときの違いは【藤和建工】

ハウスメーカーと工務店、家を建てるときの違いは【藤和建工】

2021/07/10

お互いの良さを知っていい家づくりをしましょう🤗   No.9

その①、担当者の分担か一括担当か

三条市で新築、リフォームを手掛けています藤和建工(とうわけんこう)齋藤です。

 

自身、社会人一年目にハウスメーカーの現場監理を経験👍

また、下請けとして独立してからハウスメーカーの大工工事を経験しました🏠

 

ハウスメーカーのいいところ、工務店(自社)との違いを私の経験なりに説明いたします。

 

①、担当者の分担人数

ハウスメーカーは最初に対応してくれる営業担当、設計担当、コーディネーター、現場管理、工事業者、アフター担当など各担当による分担で仕事をしていきます。

分担のいいところはたくさんのお客様の工事を担当できることです。

 

ちなみに、当社は打ち合わせから設計、管理、施工(大工工事)、アフターまで一貫して私が行うことで連絡ミスがなくスムーズに工事が進められます😌✨

そのかわり、たくさんの方を担当はできないので工事をおまたせすることがあります🙏

 

またハウスメーカーにはアフターサービス担当のスタッフもいます。

 

対応は断然早いですが、その家を手掛けた職人ではないので現場を把握できていないのがネックです。

 

当社は、その家を手掛けた業者さんや私が伺うので現状把握はバッチリですがやっぱり対応のスピードにはハウスメーカーさんには勝てません😅

 

スピード対応や早く工事をしてほしい人はハウスメーカー🏠

 

時間をかけて思い通りの家を作りたい人は工務店🌳

 

みなさんが思い通りの家作りをしてくれるパートナーに出会えますように😊☀️

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。