BLOG

ブログ

ハウスメーカーと工務店(大工さん)の違いは?

①広告宣伝費のかけかたの違い

家を建てたい、家を直したいって思い立った時、まず最初に皆さんがすることはきっと

ググる(検索する)ことだと思います。

検索で上位に上がるのは、知名度の順で上がるのもありますが、

『いかにお金をかけて検索順位を上げていくか』です。

私たち、工務店や大工はそこまで広告宣伝費をかけれません。

また、一度に対応できるお客さんの数に限りがあるので、たくさんのお声掛けをいただいても対応しきれないことがあります。(待ってもらうのはハウスメーカーも一緒ですが、、、)

同じ金額の家を建てた場合、

広告宣伝費がかかっていない分を住宅の費用に回せるというメリットがあります。

 

②住宅ローンの融資の違い

ハウスメーカーは、自社の提携先、協力先銀行がいます。

家の計画と同時に銀行の融資もお任せで住宅ローンを組んでくれます。

工務店、大工さんに家を頼む場合、自分で銀行に行って融資を申し込む必要があります。(委任状を書いて業者さんがすることもありますが、給料振り込み先銀行などが主でしょうか)

この作業が楽でハウスメーカーに決めたというかたも多いと思います。

中には、厳しい返済を組んでしまって苦労している方もいると聞きます。

家は建ってからが大事です。

月々のローン返済、家の修繕費、たまには外食や旅行にもいきたですよね。

子供もだんだんお金がかかってきます。

住宅ローンを組むときは人任せにせず、自分たちなりの返済計画を建てましょう。

③営業、設計、施工、管理、アフターの担当者の違い

①、打ち合わせ、お客さん対応(営業)

②、想いを聞いてプランを立てる(設計)

③、図面を見ながら家を作る(施工)

④、図面通りの家になっているかチェックする(管理)

⑤、引き渡し後のアフターフォロー(アフター)

ハウスメーカーは各担当がいて、分担しながら家を作っていきます。

特に、施工の部分は我々職人が作り上げていく部分です。

          

当社の強みはお客さんの意見が直接職人(私)に伝わることです。

当社は、打ち合わせ段階から私がお客さんとともに図面を作り上げることで意見が直に家作りに反映できます。

また、施工までこなすことで管理も兼ねれます。

その分の人件費を浮かせることが出来ます。

 

また、私たちは手厚い10年保証などはありませんが何年建っても担当者も変わらず、そういった意味で

アフターフォローは一生です。

 

ぜひ、家を作るとき、家を直す時、近くの工務店、大工さんも家作りのパートナー候補として考えてみてください。